全国一律代引き手数料無料 / 6,000円以上は送料無料

  • 定休日:火・日・祝日 受付時間 平日10:00-18:00
  • 0120-75-2017
  • 0120-75-2018
  • FAX用紙
  • 新規会員登録
  • メルマガ登録
  • ポイント5倍
 

KOMOROドライフード 100g入り

komoroPremium鹿肉ドライフード 究極の「何も足さない、何も引かない」ペットフード
 
 小諸市は、弊社があります長野県立科町のお隣の市で、浅間山の麓にあって、小諸城跡にある懐古園などが観光名所です。
 その小諸市が、鹿肉を使ったペットフードを創るということで、昨年より「ウエットフード」「鹿肉ジャーキー」などを販売してきました。
そのシリーズに、新たに「犬猫兼用の鹿肉ドライフード」が加わりましたので、今回ご紹介させていただきます。

■小諸市の取り組み
日本全国でニホンジカによる「生態系」・「農作物」被害を減らすため、鹿(ニホンジカ)の捕獲が行われています。その鹿の多くは、「燃えるゴミ」・「埋立ゴミ」として処分されています。
人間の都合により命を奪った鹿を「ゴミ」ではなく、「資源」として活かすことはできないだろうか。小諸市が出した答えは、「良質な鹿肉ペットフードをつくること」でした。
この事業を実現するため、小諸市では
1:衛生管理の行き届いた加工施設・加工設備の建設(H27建設)
2:捕獲した鹿を新鮮な状態で、加工施設に運び込む体制の構築
3:「産・学・官」が連携した良質なペットフードの開発     に取り組みました。

良質なペットフードの製造には、新鮮な鹿肉が欠かせません。
鹿は、捕獲した当日に加工施設に運び込まれた個体を利用します。
搬入後一次解体をし、一旦、0℃から3℃に保たれた冷蔵庫にて保存されます。
その後、二次解体が行われ、製造された鹿肉は-18℃から-20℃に保たれた冷凍庫にて保存されます。


■komoro鹿肉ドライフードの特長
鹿肉は「高タンパク」「低脂肪」「鉄分豊富」の三拍子そろった食材として注目が集まっています。
鹿肉の特性を生かしたペットフードを開発・製造するため、麻布大学獣医学部、管理栄養士、臨床獣医師と協同して、愛犬・愛猫の健康を考えたペットフードの開発に取り組みました。
このようにして製造・販売される「Komoro Premium Venison Pet Food」の売上の一部は、自然保護活動資金に充てられています。


①捕獲した鹿は、捕獲日・捕獲者・解体日をすべて記録しています。
②鹿肉は金属探知機・放射線量検査を行うことで、安全性を担保しています。
③全商品とも「着色料」「酸化防止剤」「防腐剤」「防カビ剤」は、一切含まれていません。
④ドライフードに利用している野菜のほとんどは、小諸市で作られた規格外野菜(曲がったり、小さくて商品にならない野菜)を利用しています。
⑤アレルゲンとなりにくい菜種油(小諸菜種振興組合 製造)を利用しています。
⑥獣医師の指導のもと、アレルギーの要因となりやすい原材料を極力カットしています。
⑦栄養価の高い商品づくりのために、麻布大学獣医学部や研究機関と共同研究・開発・「麻布大学獣医学部」や臨床獣医師による臨床試験により、科学的知見に基づいた商品開発が行われています。
⑧製造したペットフードは、「日本食品機能分析研究所研究所」や「食品分析開発センター」にて品質検査を行っています。
⑨「信州ジビエガイドライン」に基づいて、衛生的な解体を行っています。


■ソフィアの視点からのお勧めポイント
クプレラにも、ベニソン&スイートポテトという鹿肉使用のペットフードがあるように、現代では家畜化された牛、ラム、鶏よりも、捕獲された鹿肉に注目が集まっています。
ナゼかといいますと、クプレラやアズミラは人間の食品基準に則ったものですが、家畜の中には残留薬物の問題、人間の食用にならなかった病死肉などをペット用に使用しているものもあります。
そういう面では、捕獲された鹿肉を整備の行き届いた所が製造するというのは、飼い主としては一つ大きな安心ではあると思います。また、小諸市という公的機関がすることですから、情報を開示し、仕様も公開するという面でも安心感があります。

更にこのペットフードの特筆すべき点なのですが、ビタミンやミネラル、その他微量栄養素を全く足していない点です。
どういうことかと言いますと、市販のペットフードの裏面の原材料表をご覧ください。そこには、多く使われているものから、順番に記載されています。
そして、最後の方にビタミンやミネラル、その他微量栄養素が列記されています。
ということは、総合栄養食として販売するには、表記されている原料だけでは、栄養素に欠けが出てくるので、そこを補うためにビタミンやミネラルが、最後に足されているわけです。
しかし、「komoro鹿肉ドライフード」は、それをしていないのです。肉類と穀物、野菜のみで作られています。まさに究極の「何も足さない、何も引かない」ペットフードができあがりました。
また、野菜や穀類は、基本信州産の地産地消のものを使用しています。但し、魚と昆布のみ静岡県産のものとなります(長野は海なし県ですから)。  
国産ペットフードを数多見てまいりましたが、ここまで地産地消にこだわり、ビタミンもミネラルも足さずに作られたペットフードを、私は知りません。 


■商品名:コモロプレミアム ドライフード
犬猫兼用 一般食(総合栄養食と合わせて与えてください)
■原産国:日本
■原材料(フード100kgを製造するために使用した原材料)
獣肉類:長野県産鹿肉 70kg  長野県産乾燥鹿レバー 7.5kg
魚類:カツオ、マグロ(静岡県) 30kg
穀物:米粉 25kg
野菜類:大根葉 8.8kg  キャベツ 0.5kg ブロッコリ 2.5kg エゴマ 6.5kg
菜種油 5kg  昆布 0.1kg 
■成分構成(食品分析開発センター調べ)
タンパク質 45%以上  脂質 13%以上  繊維 4%以下  灰分 11%以下 水分 8%以下
■代謝エネルギー  336kcal/100g当たり
■定価:コモロプレミアム鹿肉ドライフード(犬猫兼用)
100g入り 500円(税込)  500g箱入り(100g×5個入り) 2400円(税込)
1kg箱入り(100g×10個入り) 4600円(税込)

「komoroPremium鹿肉ドライフード」は、総合栄養食ではないというのが難点ではありますが、その取り組みは、新しいペットフードの境地をみせているように思います。
私たちの毎日の食事でも、ご飯におかず、お汁をいただき、食後にサプリメントで栄養素をカバーするということは、本来のものではありません。
頂戴する動物、植物から、全ての栄養素が満ち足りて摂れることが、自然な食事だと思います。野生の動物たちも、然りです。
それこそが、「本来の食事」ではないかと考えます。
そのことに取り組んでいる、この新しいドライフードは、これからのペットフードの有り様を示していると思います。

※コモロプレミアム鹿肉ドライフードは、「総合栄養食」ではありませんので、トッピング用     としてお使いください。

KOMOROドライフード 100g入り

価格:

509円 (税込)

[ポイント還元 25ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ